社長挨拶

 当社は今年で創立45年を迎えます。この間、お得意様にご愛顧いただき、ご協力いただける業者の皆様にも恵まれ、順調に業務を行って参りました。

 昨年から新型コロナウイルス感染症が世界的に流行し、未だ収束の兆しが見えない状況にあり、この対応・対策に政府も各企業も苦慮している状況です。当社でも感染症対策への取り組みとして、一部在宅勤務を実施し、お客様にはご不便をおかけいたしましたが、皆様のご協力によりこれまで業務を進めることができました。

 当社では学会に関する全ての業務を社内で完結できるよう、いくつかの事業を運営し、連携してサービスの提供に取り組んでおります。

 印刷・出版サービスはお客様である医学関係の学会から機関誌制作のご依頼により1984年にスタートし、現在は26学会の会誌(機関誌)の制作を承っております。

 学会事務サービスは1996年に学会様のご要請により開始いたしました。
 学会事務の業務は学会に所属する会員様からの会費の徴収、役員会、評議員会、社員総会とそれに付随する委員会、講習会、また、昨今は各学会とも認定医制度の充実を図っている関係から認定医試験の受付等と多岐に亘ります。

 コンベンションサービスは学会で開催される「学術集会(学術大会)」の開催準備から当日の集会(大会)の運営までを行うため、2013年に事業をスタートし、現在までに100件近くの学術集会(大会)・講習会のお手伝いをさせていただきました。
 昨年は新型コロナウイルスの影響により、大人数の密集を避けるための対策として、オンラインによる配信を導入した学術集会(大会)をお手伝いさせていただきました。
 当社では近年のITを活用した業務に関するご要請にお応えすべく、システム事業の推進に取り組んでまいりましたので、インターネットを利用した新たな取り組みにも円滑に対応しております。

 システム事業ではその他にも、学会のホームページ、e-ラーニング、会員専用マイページの作成をはじめ、会誌刊行におけるオンラインでの論文投稿・査読、学術集会(大会)での事前参加受付、認定医に関わるデータ管理や申し込み等、あらゆる方面でシステムの構築・運営を承っております。

 今後も新型コロナウイルスへの対策にしっかりと取り組みながら、変化し続ける社会環境にも迅速に対応し、お客様にご満足いただけるようなサービスを提供できるよう務めてまいります。

2021年1月

Vision